練馬区のリサイクル絵本屋 えほんのがっこう|絵本の販売、買取
pctop

はたきがけこうしん

新刊絵本『はたきがけこうしん』販売中!

badge
送料サイドバー
決済
新着絵本
お得なセット絵本
テーマから選ぶ
カートのなか

商品検索
カテゴリー


facebook blog
絵本専門のリサイクルショップ えほんのがっこう

Facebookページも宣伝

フリーページ
スマートフォン
rss atom

えほんのがっこう 4歳おすすめ絵本5選



4歳

4歳になると絵本に出てくる登場人物に感情移入できるようになってきます。この子は何を考えているのか?この子はどのように感じたのか?など人物の気持ちを理解しようとし始めます。それは実生活にもあらわれ、友だちなど他者の気持ちを考えることができるようになっていきます。取り方や感じ方は子どもによってまったく異なります。絵本の楽しみ方がまた一つ広がる4歳、たくさんの絵本と出会ってほしいですね。
 

1、『【ロシアの昔話】きつねとうさぎ』

 
[ロシアの昔話]きつねとうさぎ

Y・ノルシュテイン/F・ヤールブソワ/こじまひろこ/福音館書店


あるところにきつねとうさぎが暮らしていました。きつねの家は氷でできていて、うさぎの家は木のかわでできていました。春になり、溶けて消えてしまった家を見たきつねはうさぎの家に入り込み、ついにはうさぎを追い出してしまいました。

追い出され、泣いていたうさぎ。そんなうさぎを見つけた動物たちがきつねを追い出すのに協力します。おおかみに、くま、うしときつねより体の大きな動物たちが協力しますが、きつねの圧力に負けてみんな逃げ出してしまいます。うさぎは自分の家を取り戻すことができるのでしょうか。動物と出会う→きつねを追い出しにいく繰り返しがふんだんに盛り込まれた、楽しい昔話絵本です。F・ヤールブソワの独特な絵が見事で、うさぎの揺れ動く感情を見事に表現しています。しかし、おおかみやくまにも勝ってしまうきつねなんて何て厄介な敵なのでしょう。きつねに対抗できるような勇敢な動物がうさぎを助けてくれればいいのですが・・・。

   

2、『あじ』

 
あじ

沼野正子/福音館書店
  

食べ物の「味」に焦点を当てた科学絵本です。コトちゃんとエイちゃんの二人の子の食事を見ながら、「味」について考えていきます。朝食、昼食、おやつ、夕食とみていくと、実に多くの食べ物を口にしていることが分かります。それらすべてが同じ味では決してなく、好きな食べ物もあれば嫌いな食べ物もあります。好きな理由や苦手な理由のなかにも味は大きく関係してきますね。あまり普段から意識することは少ないけれど、味って実はすごく奥が深いのだと考えさせられます。同じ食材でもお料理の仕方によって味は変わったり、食べる時の気持ちによっても変化します。味についてここまで掘り下げる絵本はあまり多くはありません。きっと子どもたちの目にも新鮮に映ると思いますよ。どんな時に食べたらもっと美味しく感じるかな?そんな風に想像を膨らませながら読んでみてください。

   

3、『おちゃのじかんにきたとら』

 
おちゃのじかんにきたとら

ジュディス・カー/晴海耕平/童話館出版
 

ゾフィーとお母さんは、台所でおちゃの時間にしようとしていました。すると、突然、玄関のベルがなりました。ドアを開けてみると、そこには大きくて毛むくじゃらの、縞模様のとらがいました。とらは言いました。「ぼくとてもお腹が空いているんです。おちゃの時間に、ご一緒させていただけませんか?」

玄関のドアを開けたら、目の間に大きなとらがいたら・・・。こんな衝撃的なシーンはありませんよね。しかも、とらはおちゃの時間にご一緒したいとお願いをしてくるのです。こちらの不安をよそにお母さんはなんと即答でとらを迎え入れてしまいます。テーブルにつく、お母さんとゾフィー、そしてとら。異様な光景なのですが、妙にしっくりも来てしまいます。そして、おちゃの時間が始まります!結局なんだったのだろう・・・。読み終わった時、そんな風にも思います。でも、それも含めて「まっ、いっか!」と思えてしまう1冊でした。あまり深く考えずとらと過ごすおちゃの時間を楽しんでみるのも悪くないですね。

   

4、『わすれられないおくりもの』

 
わすれられないおくりもの

スーザン・バーレイ/小川仁央/評論社
 

かしこくて、みんなに頼りにされているアナグマは死ぬのがそう遠くないことを知っていました。アナグマは死ぬことをおそれてはいません。ただ、あとに残していく友だちのことが気がかりでした。

大好きだったアナグマが長いトンネルの向こうへと行ってしまった。そのことがみんなを悲しい気持ちにさせました。しかし、アナグマはしっかりとみんなに残してくれていました。わすれられないおくりものを・・・。大切な友人の死を描いた作品となっています。友人からもらった贈り物や思い出を胸に前を向いていく勇気を与えてくれます。自分だけでなく友だちのことを思いやるアナグマの優しさにも胸を打たれます。

   

5、『昆虫 ちいさななかまたち』


昆虫 ちいさななかまたち

得田之久/福音館書店
 
わたしたちが全力で走ると、あっという間に駆け抜けてしまう小さな草原や林、そんなところでも、昆虫にとっては果てしなく大きな世界だ。そこでは、昆虫たちが、様々な生活を繰り広げている。そんな世界にそっと入ってみよう。得田之久さんが描く昆虫の世界、それは言葉通り果てしなく大きな世界でした。最初のページの言葉でぐっと子どもたちを惹きつけ、最後のページまで離すことがありません。自分たちが普段駆け抜けてしまう草原や林にはこんな昆虫たちが暮らしていたのかと全てのページで新しい発見があります。得田之久さんの昆虫に対する愛を感じる1冊です。この絵本を通してもっともっと多くの昆虫たちに会いに行ってみましょう。
   

いかがだったでしょうか。大きくなっていく自分を意識し始める年頃です。自分の感情、相手の感情、様々なものと直面することになるかもしれませんね。そういった人との関わり合いの中で子どもたちは少しずつ成長していきます。絵本を通じて、子どもたちにはたくさんの経験をしていってほしいと思います。その経験が糧となり、自分を手助けしてくれる日がきっとやってくるはずです。
   
銀行振込
お振り込み先の口座はご注文確定後、ご連絡させていただきます。

・商品発送後、1週間以内のご入金をお願い致します。
・ご注文時にいただいたお名前でお振込ください。
・1万円以上お買い上げのお客様は先払いとさせていただきます。
クレジット決済
PayPal
「ペイパルとは?」
ペイパルは、インターネット上の便利な【デジタルおさいふ】です。ペイパルにクレジットカード情報を登録しておけば、
IDとパスワードだけで決済完了。お店に大切なカード情報を知らせることなく、より安全に支払いができます。
ペイパルアカウントの開設は、決済方法でPayPalを選択して必要事項を入力するだけなのでかんたんです。
ゆうメール
【配送業者】日本郵便(ゆうメール)
【送料】全国一律200円(商品総額5000円以上は無料)複数商品をご注文頂いても、お客様の指定された送り先が同じであれば送料は200円となります。
同梱をご希望の場合はご注文の際、備考欄に記載をお願い致します。
※海外への発送はお受け致しておりません。
※重量によりゆうパックを選択することがございます。あらかじめご理解いただければ幸いです。