練馬区のリサイクル絵本屋 えほんのがっこう|絵本の販売、買取
  • 練馬区のリサイクル絵本屋 えほんのがっこう|絵本の販売、買取

  • THE SCHOOL OF A PICTURE-BOOK PICTURE-BOOK
  • トップ
  • えほんのがっこうとは?
  • おすすめえほん
  • えほんショップ
  • えほんをうる
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • blog
pctop

はたきがけこうしん

新刊絵本『はたきがけこうしん』販売中!

badge
送料サイドバー
決済
新着絵本
お得なセット絵本
テーマから選ぶ
カートのなか

商品検索
カテゴリー


facebook blog
絵本専門のリサイクルショップ えほんのがっこう

Facebookページも宣伝

フリーページ
スマートフォン
rss atom

笑いでストレス解消! ユーモア絵本おすすめ7選

ユーモア絵本

今回はユーモアのある絵本たちをご紹介します!笑うってすごく大事なこと。笑うだけでなぜか楽しい気持ちになれちゃうんだから不思議ですよね。イライラやストレスを感じているときはぜひ絵本で笑いを補給してください。子どもたちだけでなく、読み手である大人も楽しい気持ちになれるユーモア絵本をご紹介。読み聞かせ会にもおすすめですよ。


1、『はなをほじほじ いいきもち』

 
はなをほじほじ いいきもち
 

ダニエラ・クロート・フリッシュ/たかはしようこ/偕成社


楽しそうにはなをほじほじするゾウの子どもが表紙に描かれています。この絵本に登場する子どもたちはみんな、はなをほじほじするのが大好きな子たちです。でも、カエルくんは「はなをほじっちゃだめよ」とお母さんに言われています。ゾウくんとネズミちゃんに相談をしたカエルくん、そこで3人で「はなをほじってはいけない理由」を調べることにしました。「はなをほじってはいけません!」という教育的な絵本ではありません。そう思って読む勧めてしまうと、思わぬ展開が待っているのでご注意を・・・。子どもって本当にはなをほじるのが大好きですよね。それなのに「はなをほじっちゃだめよ」と言われてしまいます。子どもの立場になって考えてみると、「なんで?」と思うのも無理はないのかもしれません。あえてダメなことをしてみる。褒められたことではないのかもしれないですが、やっぱり面白いんですよね。
   

2、『もじゃおじさんがやってきた』

 
もじゃおじさんがやってきた
 

穂高順也/岡島礼子/キッズメイト


明日は幼稚園の運動会です。運動会では、かけっこや綱引きや、だるまはこび、それから全員でおにごっこもします。楽しいことばかりで、みんな朝から落ち着きません。そんなみんなにあきこせんせいが『もじゃおじさん』の絵本を読み始めました。絵本に登場するもじゃおじさん、それはとってもこわいおじさんでした。ぼさぼさに伸びた髪の毛や、つめをした子を見つけると、追いかけて食べてしまうもじゃおじさん。もじゃおじさんに襲われないように、しっかり手足のつめと髪の毛をお母さんに切ってもらったえっちゃんでしたが・・・。幼稚園の運動会にもじゃおじさんがやってきた!?もじゃおじさんの正体は一体誰だったのでしょうか。ちょっぴり怖い展開・・・でも、それ以上にお笑いしてしまいます。こんな幼稚園の運動会もたまには楽しいかもしれませんね。
   

3、『なっとうぼうや』

 
なっとうぼうや

わたなべあや/学研
  
早起きののったくんが朝ごはんのしたくを手伝っていました。おかずは大好きななっとうです。のったくんがみんなのごはんをよそっていると、なっとうのパックのなかから歌が聞こえてきました。歌いながら外へ飛び出して行ってしまったなっとうたちをのったくんが追っかけます。美味しそうな白米のうえになっとうたちを乗せることができるのでしょうか。なっとうが好きな子も、あんまりなっとうが好きではない子も楽しめるユーモアあふれる絵本です。自由奔放ななっとうたちに振り回されながらも、お茶碗を決して置くことはないのっぽくんがすごく可愛いですよ。最後まで読んだ方はきっともう、なっとうを食べたくなっているはずです!
 
 

4、『きつねのホイティ』

 
きつねのホイティ

シビル・ウェッタシンハ/まつおかきょうこ/福音館書店
  
スリランカの小さな村に住む三人の元気なおかみさん、アンゴウ、マンゴウ、ランゴウ。彼女たちの家にやって来たのは人間の格好をした食いしん坊のきつねおホイティでした。おかみさんたちをだましてすっかり得意げになってしまったホイティ、でも実はおかみさんはホイティの正体を知っていたのです。ホイティとおかみさんたちの楽しいだましあいっこを描いた物語絵本です。間抜けなきつねのホイティ、なぜか憎めないんですよね。ちょっと抜けているきつねってかわいいですね。
 
 

5、『まんぷくでぇす』

 
まんぷくでぇす

長谷川義史/PHP
  
きょうはレストランでおしょくじ。いらっしゃいませ。さんめいさまごあんない。ぼくとお母さんとお父さん、3人家族が向かうのはレストランです。それぞれ好きなものを食べて、レストランを出た時には「まんぷくでぇす」と一言。楽しいご飯の絵本かな?と思いきや、次に驚きの一言が。「でもまだ食べたい。つぎなに食べる?」そう、この家族はお腹がいっぱいなのにどんどんご飯屋さんに入ってしまう不思議な家族だったのです。出てくる料理はどれも美味しそうで、確かに満腹でも食べてみたくなってきます。この絵本、満腹の時ではなく空腹の時に読むことを強くおすすめします!読み終わった頃には、きっとこの家族のように「まんぷくでぇす」という一言が自然と口から出てきそうですね。
   

6、『いいから いいから2』

 
いいから いいから2

長谷川義史/絵本館
  
ある日ぼくとおじいちゃんは温泉旅行に行った。仲居さんがごはんを用意してくれた。それが、あれれれ・・・。ごはんが三人前並んでた。おかしいなぁ・・・。ぼくとおじいちゃんの二人なはずなのに、用意された三人前のごはん。夜になってその答えが判明することになります。「いいからいいから」が口癖のおじいちゃんとおばけが出会ったらどんな化学反応が起きるのでしょうか。こんなにペースを握れないおばけは見たことがありません。ぼくだけでなく、おばけにも影響を与えてしまうおじいちゃんの魅力がいっぱい詰まったシリーズ絵本です。
   

7、『おっと合点承知之助』

 
おっと合点承知之助

斎藤孝/つちだのぶこ/ほるぷ出版
  
おじいちゃんと子どもたちの楽しい会話が描かれている絵本です。最初のページを開くと、子どもたちから「こえにだしてよんでね」というお願いが。そうなんです!この絵本は声に出して読むと、数倍にも面白さが増す絵本なんです。登場するのは付け足し言葉という言葉遊び。「その手は桑名の焼蛤」「しーらんペッタンゴリラ」聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。大人は懐かしい気持ちを思い出し、子どもたちは新しい発見をする。おじいちゃんやおばあちゃんと読んでみるのもおすすめです。
 
 
いかがだったでしょうか。ユーモアのある絵本は子どもたちの心を安らかにしてくれます。日常生活で感じたストレスを絵本で解消してみませんか?今回ご紹介した絵本は幼稚園や小学校での読み聞かせでもおすすめの絵本たちです。是非一度目を通して、ユーモア絵本の魅力を感じてみてください!


銀行振込
お振り込み先の口座はご注文確定後、ご連絡させていただきます。

・商品発送後、1週間以内のご入金をお願い致します。
・ご注文時にいただいたお名前でお振込ください。
・1万円以上お買い上げのお客様は先払いとさせていただきます。
クレジット決済
PayPal
「ペイパルとは?」
ペイパルは、インターネット上の便利な【デジタルおさいふ】です。ペイパルにクレジットカード情報を登録しておけば、
IDとパスワードだけで決済完了。お店に大切なカード情報を知らせることなく、より安全に支払いができます。
ペイパルアカウントの開設は、決済方法でPayPalを選択して必要事項を入力するだけなのでかんたんです。
ゆうメール
【配送業者】日本郵便(ゆうメール)
【送料】全国一律200円(商品総額5000円以上は無料)複数商品をご注文頂いても、お客様の指定された送り先が同じであれば送料は200円となります。
同梱をご希望の場合はご注文の際、備考欄に記載をお願い致します。
※海外への発送はお受け致しておりません。
※重量によりゆうパックを選択することがございます。あらかじめご理解いただければ幸いです。